平成27年度第1回サウス・サミット

〇平成27年度第1回サウス・サミット
 ・・・高齢者虐待等をテーマに・・・・



20151028サウスサミット 007


20151028サウスサミット 009


20151028サウスサミット 011



10月28日(水)午前10時から、平成27年度第1回サウス・サミットが
南区役所2階で開かれ」ました。


サウス・サミットは南区各校区の自治連合会、校区福祉委員会、民生委員
児童委員会の代表が集まり、南区の地域課題を共有し、3組織間の連携を
醸成することで、校区活動の活性化や地域力の向上を図ろうというもの。


今回のは、1)高齢者虐待防止法施行後の南区の高齢者虐待の状況について、
2)さかい見守りメール事業の状況について、3)堺市母子福祉推進委員の推薦
について、が議題にあがりました。


「高齢者虐待の状況について」は、南基幹型包括支援センターの村上社会福祉士が
説明者に立ち、「地域の気づきと高齢者虐待」予防」と題するお話をパワーポイントと
DVDを使って説明されました。


高齢者虐待の定義と種類、虐待対応の具体的流れ、南区の虐待相談の状況を
わかりやすく説明してくれました。虐待には背景が必ずあり、高齢者そのものの要因、
擁護者そのものの要因から、虐待にいたるサインに気づくことが大切なのだそうです。
このあたりに地域の予防的役割があり、先ずは最寄りの地域包括支援センターの
相談することが大切だとされました。


そのほかの議題は「さかい見守りメール」の状況」と「堺市母子福祉推進委員の
推薦」について。
見守りメールについては南区の場合、事前登録はあるものの、これまで配信の
実績は無いようでした。
また、母子福祉推進委員については名前そのものの知名度が低いため、校区組織で
よく話し合って委員を推薦していくことになりました。


地域の福祉、安心安全のまちづくりは、自治連合会、校区福祉委員会、民生委員
児童委員会の協働なくしては実現しないとの考え方を南区はとっています。
今日の議題も、各校区の3組織の意見交換があって、より効果的な取り組みに
なることは間違いありません。

コメント

非公開コメント