FC2ブログ

南区子どもネットワーク会議全体会議

5月18日(火)、泉ヶ丘図書館ホールで、「南区子どもネットワーク会議全体会」が開かれました。


南区子どもネットワーク会議は発足して、本年度で8年目を迎えるそうです。
地域での「子育てサロン」「子育てサークル」づくりを目標に、中学校区を単位とする子育てフォーラムを開催してこられました。


発足して5年目の平成19年には、9カ所の中学校区まで開催場所を広げていきました。
当初の名称は「南区域子育て支援関係者会議」。平成18年度堺市政令指定都市移行に伴い、現在の名称に変更されています。


近年は子育てサロンの地域での充実もあり、フォーラムそのものの開催は若干目減り状況。こうしたなかで、会議は「これからのネットワークの方向」として論議がすすめられました。


「子育て」から「子ども」へと年齢幅を広げた取り組みをしたい。
青少年の携帯電話にまつわる諸問題を保護者の方とともに考えたい。
個別ケースの相談について、家庭児童相談室と保健センター相互の連携を考えたい。


様々な意見が活発に出されました。
全体会議の参加者は主任児童委員代表のほか、自治連、民生委員児童、校区福祉委員会の代表者。
子どもに関連する専門機関や保小中学校・所、図書館や体育館など。


今回だされたテーマを十分消化できるネットワークメンバーだと思います。
なお、通常は運営委員会という主任児童委員、児童福祉委員、行政の専門機関窓口が、会議の中軸となって企画運営されているようです。

コメント

非公開コメント