今日もひなまつり

○ふれあい食事会「ひなまつり」
 ・・お手本となった晴美台校区福祉委員会・・・



110304はるみひなまつり009


先日、お邪魔した庭代台で先駆事例としてお手本にしたと聞いた晴美台。
同校区福祉委員会の「ふれあいお食事会-ひなまつり」が3月4日(金)、
晴美台東地域会館で開かれました。


同校区は、一人暮らし老人の会「晴美会」があります。このメンバーさんを
中心に、昼間一人暮らしの方も対象とした食事会にされています。


また、担い手は女性の民生委員児童委員のほか、グループはるみの皆さん達。
お食事の準備は昨日からされたとのことでした。


プログラムは、木戸保健師さん(南保健センター)の腰痛予防教室のほか、
晴美台保育園年長組の子どもたちの歌。「春からははるみ小学校にいきます」
と元気よく帰っていきました。


110304はるみひなまつり003


このほか、在宅介護支援センター「槇塚荘」と「ユートリア」の山本さん、
原さんによるコント「孤立しない、させない」は絶妙のコンビでした。
最後に紹介された「エンディングノート」はすでに複数の方が利用されて
いるとのこと。今年度のテーマは浸透していました。


同校区のひなまつりの特徴は「お鍋」。「一人暮らしではなかなか鍋などしない」、
「寒の戻りで寒いとき、お鍋が一番」で毎年、寄せ鍋昼食会になっています。
地域は、本当に生活の知恵の宝庫です。



110304はるみひなまつり012

コメント

非公開コメント