パラバルーン児童福祉会議

〇児童虐待の予防と発見 そして地域の役割
 ・・大阪府立大 山野先生を招き学びました・・



8月21日火曜日午後、南区役所2階会議室で、パラバルーン児童福祉会議が
ひらかれ、南区の児童福祉部会に所属する民生委員児童委員さん等、60人あまり
が集まり、「児童虐待」をテーマとした学習を行いました。


講師は大阪府立大学人間社会学部 教授 山野 則子先生。


児童虐待の裏には、人とのつながり、親仲間、子育てをしている自分をいいなと
思う、そういうニーズ調査(2008 全社協)があることをしめしながら、
身近な人のつながりや支援、当事者性の重要性を説かれました。


後半のグループワークでは「まず、子どもから声をかけていく」、「実際に
家におれないか、いたくない子どもさんをお世話した」、「具体的な対応の
仕方がわからない」と、民生委員児童委員さんとしても、迷いの心内を
話し合っていました。



20120821パラバルーン児童 2012-08-21 002
山野大阪府立大学教授


20120821パラバルーン児童 2012-08-21 005
沢山、お集まりでした。

コメント

非公開コメント