第2回サウス・サミット開催

〇第2回サウス・サミット 開かれました!
 ・・・地域の活性化に活発な意見続々・・・



12月3日(火)、南区役所2階会議室で、本年度2回目のサウス・サミットが
開かれ、南区各校区の自治連合会長、校区福祉委員長、民生委員児童委員校区
代表者ら約50人が集まりました。



サウス・サミットとは、校区のまちづくり、地域活動の基本となる自治連合会、
校区福祉委員会、民生委員児童委員会の代表が一同に会し、安心・安全な福祉の
まちづくりや、同活動の活性化について意見交換しようという南区独自の事業。
南区役所ができる1年まえから取り組みがはじめられたものです。



当日の話題は、①包括支援センターの活動報告について、②まちづくり協議会に
ついて、③地域福祉ねっとワーカーについて、の3点。



包括支援センターでの報告では、現体制に移行して1年半の取り組み状況について
西山センター長から報告がありました。事業の性格上、介護保険の手続きや高齢者
虐待への対応が1番多い相談内容として報告され、「もしかしてサイン」の見守り
事業についても協力が求められました。


20131203第2回サミット 2013-12-03 003




また、「まちづくり協議会について」では、自治会の未加入問題や住民の交流・
地域活動の活性化について、若松台校区自治連合会の原田会長、高倉台西校区自治
連合会の林会長、新檜尾台校区自治連合会の鹿渕会長から、それぞれ活動報告が
ありました。「いきいきスポーツ大会の実施」、「防災フォーラム・安心安全な
まちづくり」、「地域活動紹介リーフレットづくり」と三者三様でしたが、住民
活動の活性化、自治会未加入問題への想いなど、熱い取り組みが伝えられました。



サミットといえば堅苦しいイメージにとらわれがちですが、活発な質問、意見も
交わされ有意義な会議となりました。




20131203第2回サミット 2013-12-03 005



コメント

非公開コメント