堺市社協・南区事務所
堺市社協・南区事務所のオフィシャルブログです。COCO通信ブログ版として、事業の紹介や南区の地域福祉活動やボランティア・市民活動などを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成26年度南区パラバルーン「高齢福祉」会議

○平成26年度南区パラバルーン会議


 ・・・高齢福祉委員会担当の民生委員児童委員さん・・・



20141021パラバルーン高齢 2014-10-21 010


20141021パラバルーン高齢 2014-10-21 007
講義の小野達也先生



10月22日(火)午後、南区役所2階で、平成26年度南区パラバルーン会議
(高齢福祉委員会)が開かれました。


これは南区高齢者関係機関会議(南区役所地域福祉課、南基幹型包括支援
センター、南各地域包括支援センター他)と南区民生委員児童委員協議会が
開催したもの。


南区の高齢福祉委員会を担当する民生委員児童委員の皆さんが沢山集まられ
ました。


今回のテーマは「これからの時代の地域福祉問題への取り組みーー関わりが
難しい事例への対応方法についてーー」。


基調講演に、大阪府立大学人間社会学部の小野達也准教授が招かれ、「これからの
時代の地域福祉問題への取り組み」について講話されました。


今日の生活問題、例えばホームレスや虐待、孤立死などは、社会的排除と制度の
狭間に起きていること。この問題に対する解決には、時代にあったサービスの協働・
連携と地域の支援が必要であることを強調されました。また、そうした地域やサービスを
つくるためには、日常生活圏(小学校区)、福祉圏(概ね中学校区)、自治体レベルの
3層で組み立てていくことをアドバイスされました。


なによりも、事例の背景を知る、事例の性格を知る、事例の対応を知る、事例の方法を
知る、事例対応の生み出し方を知る、というワンツウスリーのポイント指摘は非常に
分かりやすかったです。


この後、参加者が6グループに分かれて、グループワークに取り組みました。
自己紹介の後は、各グループ毎に「難しいと日頃感じている取り組みの議論とグループ
でのまとめ」。


20141021パラバルーン高齢 2014-10-21 018
熱心なグループ討議。話がつきません。


20141021パラバルーン高齢 2014-10-21 020



最後にグループでテーマとなった課題と意見について、全体発表しました。
・認知症の独居高齢者への支援
・対象者への伝え方の難しさについて
・訪問を拒否される方へのアプローチについて
・見守りの必要な方への関わり方について
・98歳の母と50歳代息子の支援について
・独居高齢者の見守り(拒否の場合)について
・受け入れてくれない方への見守りについて
・徘徊される方への地域支援について
以上のような課題について、各グループの報告がありました。


さすがに現場の民生委員児童委員さんだけあって、小野先生のいう
今日的な生活問題を抱えた課題が多く、「受け入れ拒否」、「近所の
方との連携」、「地域ケア会議」、「支援可能な地域づくり」がどのグループ
でも話題になったようです。


20141021パラバルーン高齢 2014-10-21 027
グループごとの発表


ハードなテーマでしたが、熱心なグループ討議で、あっという間に時間が
過ぎた研修会でした。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

南区事務所

Author:南区事務所
南区キャラクター: みみちゃん
堺市社会福祉協議会・南区事務所
〒590-0141 堺市南区桃山台1-1-1
        (南区役所内)
℡072-295-8250 FAX295-8260
e-mail minami@sakai-syakyo.net

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。