堺市社協・南区事務所
堺市社協・南区事務所のオフィシャルブログです。COCO通信ブログ版として、事業の紹介や南区の地域福祉活動やボランティア・市民活動などを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症サポーターフォローアップ研修

○認知症の方を「人」として尊ぶ
 ・・・南区で認知症サポーターフォローアップ研修・・・



20141030認知症サポートフォローアップ研修 2014-10-30 003




近年の認知症問題を取り巻く事情は年々厳しくなっています。
65歳以上の人が4人に1人となった現在、認知症の方もこれに
伴い増加しています。
現在、認知症の方は全国で462万人とも・・・・・・・
また認知症で徘徊し、身元不明で施設入所となっている方は35人。


こうした状況を背景に、認知症の方への理解を深める認知症サポーター
養成講座が地域、各所で開かれていますが、10月30日木曜日午後、
南区役所2階では、同サポーターのフォローアップ研修が開かれました。


開催したのは、南基幹型包括支援センターに集う南区認知症支援部会の
皆さん。当日は堺市の認知症サポーター養成講座を修了した市民や
民生委員児童委員、介護事業所の職員さんなど27人が参加しました。


ねらいは1)認知症の方の気持ちを知ること、2)サポーターとして自分が
できることを深めること。


当日は堺市認知症介護指導者である、南区の特別養護老人ホーム職員さ
んが、講師となって研修をすすめてくれました。
なんでも介護指導者は、実践研修、リーダー研修、指導者研修を終了した
スペシャリストらしいです。


研修のねらいのとおり、認知症の方の気持ちを知るをテーマに、DVDで
認知症の方ご本人の語りを学びました。それから、もし自分が認知症に
なったら何が心配か、どう接してほしいかをグループごとに考えました。


「何がわからないかわからない」、「こんな形でいきていていいのか」、「自分
の言ったことがわかってもらえない」、「そう、悲しい気持ち」・・・・・・
揺れる心持ちがひしひしと伝わりました。


それから、地域生活を支える近隣の人の工夫では、「町会のそうじ当番の
日がわからない」、「でも、できることはさせて欲しい」と、支える側にとって
なるほどという声が聞かれました。


グループワークでも、「その日の朝にお声かけをする」、「一緒にしませんかと
呼びかける」などの工夫がだされました。


支援には、1)情緒的サポート、2)手段的サポート、3)評価的サポート、4)
情報的サポート、の種類があるようです。


最後に、認知症で徘徊する方への対応訓練が紹介されました。声かけ保護
訓練と言うのだそうです。
まとめとして、サポーターが大切にしていく心構えは、認知症の方を「人」と
として接すること、すなわち「1人の人として接すること」の大切さを強調して、
研修は終わりました。


この後、フォローアップ研修の修了証が受講者に手渡され、記念写真を撮って
お開きとなりました。


なお、徘徊の保護訓練は、来る11月9日南区ふれあいまつりで体験できる
ようです。是非ご参加ください。



20141030認知症サポートフォローアップ研修 2014-10-30 007
当事者の方の声を聞く。


20141030認知症サポートフォローアップ研修 2014-10-30 012
グループでもしも自分が・・・と話し合いました。


20141030認知症サポートフォローアップ研修 2014-10-30 016
グループのみんなの話を発表しました。


20141030認知症サポートフォローアップ研修 2014-10-30 018
最後はみんなで記念撮影。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

南区事務所

Author:南区事務所
南区キャラクター: みみちゃん
堺市社会福祉協議会・南区事務所
〒590-0141 堺市南区桃山台1-1-1
        (南区役所内)
℡072-295-8250 FAX295-8260
e-mail minami@sakai-syakyo.net

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。