若松台ふれ愛クラブで出前講座

○若松台サロン「ふれ愛クラブ」で
 ・・・見守りガイドの出前講座実施しました・・・



20150108若松台ふれあいクラブ 2015-01-08 005
元気をもらえた園児たちの南中ソーラン



若松台ふれ愛クラブは、同校区のふれあいいきいきサロンです。
毎月第2木曜日午後2時から4時まで、地域会館で開かれいます。


1月8日(木)午後、「みまもりガイド」出前講座の依頼がありましたので
参加してきました。参加者は女性の方を中心に約25人。


講座はサロンプログラムの一環に位置づけられているようで、先ず最初は
若松台保育所年長組の「南中ソーラン」が披露されました。
なんでも、卒園前の生活発表会に招かれた由谷民生委員長さんと島野
福祉委員長さんが子ども達の踊りにいたく感動され、当日の出演依頼と
なったようです。


それはそれは、すがすがしくて、パワーあふれるソーラン節でした。
この後、子ども達はお年寄りの輪の中に入って、お年寄りと一緒に指
遊びで交流。微笑ましい笑顔が花咲いた瞬間でした。


20150108若松台ふれあいクラブ 2015-01-08 006
お年寄りとの交流は場が和みました。


20150108若松台ふれあいクラブ 2015-01-08 014
粋な雰囲気の日本舞踊


そして、日本舞踊5人衆による踊りを満喫。
社協南区事務所の植田地域福祉ネットワーカーからの出前講座は
3時から始まりました。


簡単な指体操や健康体操で体をほぐした後は、スライドを見ながら、
「助け、助けられ上手」な暮らし方をゲームを交えながら学びました。


地域のつながりづくりは、毎日の意識的なあいさつ運動と、知って
いるという関係づくりが大切なようです。
この関係があれば「もしかして」という異変にも気づき易いですし、
「助けて」とも言いやすい、そう説明されました。


最後に参加者で自己紹介をし合い、お互いの関係作りをしました。
サロンのようなお年寄りが沢山参加している場所では、「助けて」と
言える関係作りと意識付けが最も大切だと教えられた1場面でした。



20150108若松台ふれあいクラブ 2015-01-08 016
植田ワーカーによる出前講座。ゲーム感覚で・・・・・・

コメント

非公開コメント